FC2ブログ

戸田ヶ原・野の草花講座

10月25日に、「戸田ヶ原・野の草花講座」を開催しました。
昨年は雨でしたが、今年はお天気も良く、16名の皆さまに参加していただきました。

秋の七草でもあるフジバカマや、「戸田」の名前がつけられているトダスゲなど、
かつては様々な野の草花が身近に見られていました。
今では数が少なく、とても希少な存在になってしまっているものが多くあります。
今回は、彩湖・道満グリーンパークや戸田ヶ原野草園で見ることのできる野の草花を、室内講義およびガイドウォークでご紹介しました。
また、当日はJ:COMの取材があり、イベントの様子はデイリーニュースで放送されました。


室内講義では、在来種と外来種・園芸種の違いや、野の草花の名前の由来などを紹介しました。
野の草花講座_181025 (1)


ガイドウォークでは、ミドリシジミプロジェクトで植えたハンノキや、戸田ヶ原野草園などを見て回りました。
また、道中でみつけた野の草花を観察しました。
野の草花講座_181025 (2)

野の草花講座_181025 (3)


ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

スポンサーサイト
2018-10-30 : サクラソウなど野生の草花が彩る湿地プロジェクト :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

戸田ヶ原自然再生

Author:戸田ヶ原自然再生
戸田市が進める「戸田ヶ原自然再生」を支援している(公財)埼玉県生態系保護協会が管理、更新しています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR